Menu

大己貴神社の歴史

Home
  • 大己貴神社について

大己貴神社の歴史

由緒略記

由緒略記

大己貴神社の歴史は古く、日本書紀(西暦七二〇年)を始めとする歴史書他多数に記載されています。その由緒の始まりは、第一四代仲哀天皇九年(西暦二〇〇年頃)とされています。
また九二七年制定の法令書『延喜式』巻十〔神名帳〕には筑前国の十一社のうちの一社に数えられ、他は現在の(1)宗像大社(2)織幡神社(3)筥崎宮(4)住吉神社(5)志賀海神社(6)志登神社(7)筑紫神社(8)竈門神社(9)麻手良布神社(10)美奈宜神社であり、古くより大変由緒のある神社であります。

西暦二〇〇年頃〔仲哀天皇九年〕神功皇后が、現在の朝倉市(秋月)野鳥のあたりで勢力を持っていた豪族「羽白熊鷲(はじろくまわし)」を征伐後、新羅征討を起こすにあたり兵を募ったが集まらず困っていたところ、大神社”おおみわのやしろ”(または大三輪社と記載し)を建て、太刀や矛を奉納したところ、兵が集まったと『日本書紀』に記載されています。

由緒略記2

朝倉から大和地方へ政権が移動したのでは…

政権マップ 朝倉地方のまわりの地名
政権マップ 大和郷のまわりの地名